パスコ/衛星画像や津波予測を活用した施設防災対策セミナー

2012年06月11日 

パスコは6月25日、東日本大震災で無償公開し災害復旧活動で活躍したレーダー衛星画像の活用事例の紹介、最新の衛星画像の活用方法に関してセミナーを開催する。

パスコは、日本政府が推進する先進的宇宙システム「ASNAROプロジェクト」において、地上側の受信機能、撮影成果の利用部門を担当しており、今回その担当者が衛星情報を活用した最新の被害把握方法、最新の衛星画像活用の可能性についての説明を行う。

地域防災計画、洪水氾濫区域作成、津波影響シミュレーション等を多数手掛ける防災コンサルタント会社でもあり、津波予測・ハザードマップについて情報の読み方、活用方法について同社の業務経験者による説明も行う。

今回のセミナーは事業継続計画を策定する上で非常に重要である被害予測検討に参考になる内容。

■開催概要
日時:6月25日(月)15:00~17:10(受付開始14:30~)
会場:パスコ 東山ビル1F セミナールーム
東京都目黒区東山1-1-2
http://www2.info-mapping.com/Jigyosyo/corporateMap.asp?id=1
定員:25名
参加:無料(事前登録制)

詳細、申込みは下記URLを参照。
http://www.pasco.co.jp/event/seminar/detail/12062501.html

■プログラム
15:00~ はじめに
15:05~
第一部
東日本大震災後2日で被害状況を把握した衛星情報とは
最新の衛星情報と可能性について
パスコ 
衛星事業部 営業部 営業推進課

16:10~
第二部
行政機関で公開が進む津波予測の読み方、活用方法
パスコ 
システム事業部
コンサルティングサービス部

17:10 終了

問い合わせ
パスコ
システム事業部第一営業部
TEL:03-3715-1880

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集