東海電子/アルコール検知義務化後の運用ルール事例でセミナー

東海電子は7月13日開催のロジスティクス・SCM+流通フェアでC会議室の13時から40分、「アルコール検知義務化後の運用ルール事例」をテーマにセミナーを行う。

同社東京営業所の槙広貴主任が、アルコール検知器を導入した事業者の方々が、どのようにアルコール検知器を活用し、飲酒運転ゼロへ取り組んでいるのかを説明する。

展示エリアでは、業務用アルコール測定器「ALCシリーズ」を展示し、運輸、旅客事業の点呼時に使用されるアルコール測定器を実際に体験できる。

■ロジスティクス・SCM+流通フェア
http://www.l-partner.co.jp/lfs/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集