日本ロジスティクスファンド/辰巳物流センターを90億円で取得

2012年08月27日 

日本ロジスティクスファンドは8月27日、辰巳物流センターを90億円で取得すると発表した。

辰巳物流センターは、三井物産と三菱地所が整備したもので、延床面積は2万9394㎡、今年2月に竣工した。

首都圏湾岸部の物流拠点として稀少性が高い場所に立地。有効柱間隔10.0m以上、有効天井高5.5m以上、基準階床荷重1.5t/㎡と標準的な施設仕様を備えた汎用性の高い物流施設。

1階にある2面の接車パースや南北に1か所ずつ備えられた事務所スペースを活用して、分割利用が可能な構造となっている。

両面パースと多数の垂直荷役設備(6基の昇降機と2基の垂直搬送機)の設置により、貨物の効率的な入出庫や庫内移動がかのうとなっており、保管型・流通型いずれのニーズにも対応できるスペックを備えている。

テナントとして、ナカノ商会と定期建物賃貸契約(期間10年)を締結しており、高級アパレル等の配送拠点として利用している。

■取得概要
取得資産:国内不動産信託受益権
所在地:東京都光徳辰巳3-8-5
建築時期:2012年2月20日
構造:鉄筋コンクリート・鉄骨造鋼板葺5階建て
土地面積:9939.01㎡
契約日:2012年9月3日
引渡日:2012年9月3日
取得先:辰巳三丁目開発特定目的会社

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集