ミサワホーム/物流センター等で太陽光発電

2012年10月25日 

ミサワホームは10月25日、グループの部材生産工場や物流センターなど国内4拠点の施設屋根面に、太陽光発電設備を設置すると発表した。

4拠点をあわせた投資額は約11億円で、設置容量は約3,600kW、年間発電量は約360万kWhを見込んでいる。

発電により年間約1,100トン/CO2の削減可能で、再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用することで、年間約1億4,000万円の売電金額を見込んでいる。

設置する施設は、関東物流センター(千葉県野田市、998kW)、沼田工場(群馬県沼田市、545kW)、福岡工場(福岡県鞍手郡、1,999kW)、ミサワホーム静岡新社屋(静岡県静岡市、49kW)。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集