ユーザックシステム/受注から出荷までの業務最適化セミナー

2012年11月30日 

ユーザックシステムは12月7日、メーカー・卸向けに「受注から出荷までの業務最適化」をテーマにセミナーを開催する。

正確・効率的に業務を行うためにさまざまなイレギュラーに対応したシステムを構築・運用中の企業も多く、さまざまな取引条件の積み重ねにより、どこかに無理が生じがちだ。

「他社はどうしているのか?」、「いい解決方法はないか?」といった質問も多く、今回のセミナーでは、このような課題の解決策を紹介する。

■開催概要
日時:12月7日(金)13:30~17:00
会場:ユーザックシステム 東京本社 セミナールーム
住所:東京都中央区日本橋箱崎町4-3 国際箱崎ビル4F
定員:40名
費用:無料

詳細・申し込み
https://www.usknet.com/seminar/dsp.php?id=478

■プログラム
13:30~14:20
第1部:EDIシステム構築の課題と解決策
「レガシーEDIの資産がシステム更新の足かせになっている」
「属人化されている」「流通BMS対応を求められているが、どうしたら良いのか分からない」。このような悩みを解決するポイントを、EDIの再構築や流通BMS対応などの事例を交えつつ、「最適なEDI業務とは何か」を解説する。

14:30~15:20
第2部:ハンディーターミナルを利用した検品システム構築事例と最新ソリューションの紹介
ハンディーターミナルを導入しただけでは、期待した効果が上がるとは限らない。現場の運用の改善と併せたシステム設計が重要である。
1万3000アイテムの出荷を99.9999%の出荷精度と35%の出荷作業の効率化を実現した事例と、名人シリーズを活用し半年で受注・出荷業務のシステムを再構築したセイコークロックの事例を紹介する。

15:30~16:20
第3部:名人シリーズ紹介
1部、2部で紹介した「名人シリーズ」をデモンストレーションを交えて説明する。

16:20~17:00
第4部:個別相談会

問い合わせ
ユーザックシステム 
担当:鈴木

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集