トピー工業/インドネシアに新工場

2012年12月18日 

トピー工業は12月18日、インドネシアにトラック・バス用ホイールを製造販売する生産子会社を現地企業である PT. PAKOAKUINA(以下:パコアクイナ)との合弁で設立し、新工場を建設すると発表した。

ASEAN 地域での需要増加の客先ニーズに迅速に対応し、現地でのトラック・バス用ホイール事業の拡大を図るため、30年来の技術援助先であるパコアクイナグループとの合弁により新会社を設立するとともに、新工場を建設することにしたもの。

■新会社の概要
名称:PT. TOPY PALINGDA MANUFACTURING INDONESIA
所在地:インドネシア共和国西ジャワ州カラワン県スルヤチプタ工業団地内
事業内容:トラック・バス用ホイールの製造販売
資本金:3300億ルピア(約30億円)
出資比率:トピー工業70%、PT. PAKOAKUINA30%
設立年月:2013年1月(予定)
従業員数:285名(当初)

■新工場の概要
所在地:インドネシア共和国西ジャワ州カラワン県スルヤチプタ工業団地内
生産内容:トラック・バス用ホイール
工場規模:敷地面積約5万㎡、建築面積約2万3000㎡
操業開始:2014年上期(予定)

最新ニュース

物流用語集