沖電気、ヤマト/IT機器の調達・配送設置・資産管理・保守を提供

2013年01月08日 

沖電気工業とヤマトシステム開発は1月8日、パソコン、プリンタ、スマートフォンなどのIT機器のライフサイクルマネジメント(LCM)サービス分野で販売提携すると発表した。

業務で使用する各種端末のLCMまで含めたクラウドサービス「EXaaSTM(エクサース)」を提供しているOKIと業務用パソコンの調達・配送設置から修理、廃棄までを代行する「PCライフサイクルサービス」を提供しているYSDが協業。

IT機器の管理負担を減らしたい企業に対して、2013年1月より両社がそれぞれのLCMサービスを組み合わせて、顧客に最適なサービスをワンストップで提供する。

今後は、ネットワークに接続されたIT資産情報の自動収集やスマートフォンやタブレットなどの端末管理(MDM)を行うOKIの「EXaaS ISM」とオフライン機器の資産管理が行えるYSDの「PCLC-WEB」を連携させた製品を開発し、両社より2013年2月にクラウドサービスとして提供を開始する予定。

このサービスは、IT機器の設置申請や資産情報の管理、スマートデバイスの資産管理を行う。クラウドサービスのため、導入が容易で、個人所有のスマートデバイスの利用(BYOD)で、企業の経費削減が期待できる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集