ブリヂストン/37億円投じ、タイにテクニカルセンター設立

2013年01月19日 

ブリヂストンは1月17日、グループ会社のブリヂストン アジアパシフィック ピーティーイー リミテッド(BSAP)が、タイにテクニカルセンターを設立すると発表した。

投資額は約37億円で、2013年7月から業務を開始する。

従来、日本のテクニカルセンターが担っていたアジア・大洋州地域でのタイヤ開発、タイヤ生産技術、品質経営といった機能を、新テクニカルセンターへ移管する。

■概要
会社名:Bridgestone Asia Pacific Technical Center Co., Ltd. (仮称)(ブリヂストン アジア パシフィック テクニカルセンター カンパニー リミテッド)
所在地:タイ王国 バンコク市近郊
会社設立:2013年3月(予定)
資本金:約28億円
総投資額:約37億円
出資比率:BSAP100%
従業員数:約100人(2015年予定)
活動内容:タイヤ開発、生産技術、品質経営、調達

最新ニュース

物流用語集