JX日鉱日石エネルギー、出光興産/石油製品を年230万kl、相互供給

2013年02月26日 

JX日鉱日石エネルギーと出光興産は2月26日、石油製品相互供給取引を行うことで合意したと発表した。

2014年4月以降、約230万kl/年の相互供給取引により、北海道地区における供給体制を強化し、石油製品の安定供給に努める。

なお、2014年3月末に室蘭製油所の原油処理を停止し、同年6月より石化工場への転換を予定している。

両社は、1996年に物流提携を行い、国内石油製品需要の減少に対応するため、物流合理化を中心に提携関係を維持・発展させ、全国で製品相互融通を実施する等、それぞれの供給体制の効率化を図ってきた。

■石油製品相互供給取引の内容
開始時期:2014年4月
対象数量:相互に、石油製品 約230万KL/年 (約4万BD)
製品出荷基地:JX日鉱日石エネルギー(大分製油所)、出光興産(北海道製油所)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集