味の素/インドネシアに調味料の専用工場新設

2013年03月29日 

味の素は3月29日、インドネシア味の素社が約9億円を投じ、インドネシア・ジャワ島のカラワン工業団地の食品工場内(カラワン工場)に液体調味料の工場を新設すると発表した。

<新工場の位置とカラワン工場>
20130329ajinomoto - 味の素/インドネシアに調味料の専用工場新設

生産能力は現在の2倍強となり、急成長を続けているインドネシアの液体調味料市場に対応する。

工場は液体調味料「SAORI」の専用工場となる。

カラワン工場内には、既に35億円を投じて2012年12月に稼働した「Masako」の工場があり、それに続く増産対応となる。

■「SAORI」専用工場の概要
所在地:ジャワ島西部カラワン工業団地内
完工予定:2014年6月
投資額:約9億円
生産能力:委託工場、モジョケルト工場生産量の2倍強
従業員数:約91名
敷地面積:土地約5000㎡、建屋約2000㎡(鉄筋コンクリート構造2階建て)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集