商船三井/3月期の事業改革費用を計上で当期損失1788億円

2013年04月30日 

商船三井が4月30日に発表した2013年3月期決算は、売上高1兆5091億円(5.2%増)、営業損失157億円(前期は244億円の損失)、経常損失285億円(前期は243億円の損失)、当期損失1788億円(前期は260億円の損失)だった。

ドライバルク船は、年初から新造船の大量竣工が続き需給ギャップの改善は進まず、ドライバルク各船型の市況は低調。原油船(VLCC)市況は、冬場の需要期に一時的な回復局面もあったが、荷動きは緩慢であり運賃水準も低迷した。

コンテナ船市況は、減便や超減速航海の徹底等による船腹供給を抑制する動きに加え、自律的な運賃修復が進み市況環境は改善したが、夏場以降、欧州景気の回復の遅れや中国景気の減速等の影響により、欧州航路の荷動きは低調で運賃水準も軟化した。

第4四半期に事業改革費用を計上し、当期損失が1788億円となった。

来期は、グループ全体で315億円のコスト削減を目標に掲げて、売上高1兆7000億円(12.6%増)、営業利益600億円、経常利益600億円、当期利益500億円を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集