南総通運/3月期の売上高14.2%増、営業利益16.4%増

2013年05月14日 

南総通運が5月14日に発表した2013年3月期決算は、売上高121億6900万円(前年同期比14.2%増)、営業利益11億6900万円(16.4%増)、経常利益11億円(21.3%増)、当期利益7億900万円(178.7%増)となった。

貨物自動車運送事業は、既存顧客との取引拡大等積極的な営業を展開し、売上高は 37億600万円(3.4%減)となったが、輸送の効率化と経費節減の結果、営業利益は2億1500万円(11.6%増)となった。

倉庫事業は、業者間競争や顧客のコスト削減による低価格等が続き、前年震災特需の反動もあり稼働率が低下したため、売上高は 22億8300万円(1.7%減)となり、営業利益は8億300万円(2.4%減)となった。

来期は、売上高105億4300万円(13.4%減)、営業利益10億3300万円(11.6%減)、経常利益9億5600万円(13.0%減)、当期利益6億100万円(15.3%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集