エーザイ/英国工場、新製品の包装施設増設

2013年06月17日 

エーザイは6月17日、英国の生産子会社であるエーザイ・マニュファクチャリング・リミテッドが保有するハットフィールド工場に、新製品向け包装施設増設の設備投資を行うと発表した。

新施設は、工場と隣接する形で増設し、延床面積は約2900㎡。

新施設では開発中の抗がん剤「レンバチニブ(一般名)」の包装を予定しているため、英国医薬品医療製品規制庁の定めるガイドラインに従い、高活性化合物を扱うための包装スペース(延床面積約400㎡)を設ける。

工期は、今年9月に着工、2014年中頃までに竣工し、2014年9月の稼動を予定している。

ハットフィールド工場は、抗てんかん剤「Fycompa」など新製品のグローバルに向けた供給、少量かつ多言語に対応した多種包装が求められる欧州各国向けの製品の生産・包装拠点としての役割を担っている。

■ハットフィールド工場の概要
1所在地:European Knowledge Centre, Mosquito Way, Hatfield, Hertfordshire, AL10 9SN, U.K.
工場稼動:2009年8月
延床面積:約7800㎡

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集