GLP/157億円投じ、兵庫県西宮市に物流施設開発

2013年07月09日 

グローバル・ロジスティクス・プロパティーズ(GLP)は7月9日、兵庫県西宮市で約11万㎡のマルチテナント型物流施設「GLP鳴尾浜」を2014年5月に着工する発表した。

<完成イメージ>
20130709glp1 - GLP/157億円投じ、兵庫県西宮市に物流施設開発

<広域地図>
20130709glp2 - GLP/157億円投じ、兵庫県西宮市に物流施設開発

開発投資額は約157億円の計画で、地上5階建ての先進的なマルチテナント型物流施設、延床面積11万㎡、賃貸可能面積約9万2000㎡の規模を有し、2015年6月竣工の予定。

各階に大型車両が直接乗り入れ可能なランプウェイ2基を備え、全館LED照明を採用する。免震構造などを備え、災害時の復旧・復興においても重要な役割を担えるように取り組む。

阪神高速道路の鳴尾浜インターチェンジに隣接しており、大阪や神戸などの大都市へのアクセスに恵まれている。

開発は、GLPがCPPIB(カナダ公的年金運用機関:Canada Pension Plan InvestmentBoard)と2011年8月に50%対50%で立ち上げた合弁事業「GLPジャパン・デベロップメント・ベンチャー」(ベンチャー)の日本での5番目の開発物件。

■施設概要
施設名称:GLP鳴尾浜
所在地:兵庫県西宮市鳴尾浜1-20
敷地面積:約4万8000㎡
延床面積:約11万㎡
賃貸可能面積:約9万2000㎡
着工:2014年5月(予定)
竣工:2015年6月(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集