日本郵船/国内外73社152人が参加し、安全推進会議

2013年07月19日 

日本郵船は、毎年7月1日から実施している安全キャンペーン「Remember Naka-no-Se」の一環として、関わりのある国内外の船主と船舶管理会社を対象に日本郵船グループ全運航船の安全推進会議を3回に分けて開催した。

会議は、日本郵船本店で7月2日に海外の船舶管理会社19社33人、10日に国内の船主と船舶管理会社30社70人が参加し、17日には24社49人が今治国際ホテルに集まった。

安全運航や効率運航などをトピックスとして取り上げ、解説。また、2012年度を含む日本郵船の過去5年間の事故データの分析結果を基に、2013年度安全対策推進活動方針である「衝突事故防止」、「ブラックアウト防止」、「死亡事故防止」の3つの重点項目について全NYKフリートに徹底を図るとともに、関係者の一層の安全意識の向上と安全運航の達成について理解と協力を要請した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集