JPR/RFIDによる物流機器管理の新ソリューションをリリース

2013年08月19日 

日本パレットレンタル(JPR)は9月2日、RFID 等で個体認識した物流機器の情報を管理する新しい物流ソリューションシステム「Llink (エルリンク)」をリリースする。

<Llinkのロゴ>

ソリューションの内容は、パレットやロールボックスパレットなどの物流機器を入出庫する際に、RFID等で個体認識し、入出庫情報を集積する。

個体で識別することにより、数量管理と比較し、詳細な管理・分析がWebで可能になる。

システム上に集積した情報を活用して、分析・レポートする機能を搭載し、物流機器の流れを可視化できることにより、日々の運用改善策、長期的な課題改善策や予防策などを立案することができる。

グローバルサプライチェーンでのトレーサビリティを実現するため、個体管理における資産管理コードのGRAI と国際標準の事業所コードGLN にも対応し、将来的には、国際標準のEPCIS にも準拠する計画。

最新ニュース

物流用語集