ブリヂストン/416億円を投じ、ベトナムの新工場の生産能力を増強

2013年10月15日 

ブリヂストンは10月15日、ベトナムに建設を進めている乗用車用ラジアルタイヤ(PSR)の新工場の生産能力増強を決めた。

投資額は約416億円で、生産能力を2017年下期までに日産約2万4000本増強し、増産後の生産能力を日産約4万9000本とする計画。

なお、同工場は欧米や日本への汎用タイヤを中心としたPSRの輸出基地として、ベトナムに建設しているもので、2014年3月の操業開始を予定している。

■工場概要
生産品目:乗用車用ラジアルタイヤ
敷地面積:約102万㎡
操業開始:2014年3月予定
生産能力:約2万5000本/日(2016年上期予定)

増強の概要
増強分生産開始:2016年上期予定
増強完了:2017年下期予定
増強能力:約2万4000本/日(2017年下期予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集