LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NTN/中国湖北省に合弁で製造拠点

2014年02月05日/生産

NTNは2月4日、中国湖北省襄陽市に台湾の裕隆グループとの合弁会社、襄陽NTNを設立すると発表した。

<完成予想図>
20140205ntn - NTN/中国湖北省に合弁で製造拠点

台湾の裕隆グループの江申工業との合弁で、豊富な労働力が得られる内陸部の湖北省・襄陽市に設立し、中国で生産する世界の自動車メーカへ等速ジョイント(CVJ)を供給していく。

2015年4月から量産を開始予定し、従業員は、当初300名程度でスタートし、2017年度の約500名まで順次増員する計画。売上高は、2017年度に約140億円を計画している。

■合弁会社の概要
会社名:襄陽恩梯恩裕隆傳動系統有限公司
事業内容:等速ジョイント(CVJ)の製造ならびに販売
所在地:中国湖北省襄陽市経済技術開発区
資本金:3400万米ドル
出資比率:NTN60%、江申工業40%
敷地面積:約13万3000㎡
延床面積:約2万4000㎡
従業員数:約500名(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース