日本政策投資銀行/東陽倉庫に融資

2014年03月11日 

日本政策投資銀行(DBJ)は3月11日、東陽倉庫に対し、「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施したと発表した。

東陽倉庫の評価では、東西に展開する拠点網の活用により、緊急時においても代替保管スペースを確保し、顧客との取引関係を加味しつつ、有事における重要荷物の選定および対応策を定めている。

さらに愛知県の広域物資拠点施設として、災害時における地域社会の復旧に積極的に協力する体制となっている点の3点を挙げている。

東陽倉庫はサプライチェーンで重責を担う総合物流事業者として、緊急時での荷物保管の徹底や情報セキュリティ管理など優れた対策を実践することで、東日本大震災を契機として事業継続体制の再構築という課題に直面している荷主の多様なニーズに対応している、としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集