日本郵船/ボランティア・ポイントで社員の社会貢献活動を奨励

2014年06月02日 

日本郵船は6月2日、「YUSENボランティア・ポイント」制度を新たに設け、6月から運用を開始したと発表した。

グループ社員の行った各種ボランティア活動や社会貢献活動の内容をポイントにして登録し、その合計ポイントを金額に換算して社会貢献活動団体に寄付するもので、制度を幅広く浸透させるためにも、年に一度、最多ポイント登録者を表彰する。

参加対象者は、社員と役員、国内グループ会社社員、役員で、会社、国、NPO、地域が主催するボランティア活動、社会貢献活動への参加や募金・寄付、献血などが対象。

寄付先の決定方法は、ポイントを登録した社員へのアンケート結果を参考に、寄付対象となる活動団体の候補を選定し、登録者による投票で支持の多い団体へ寄付する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集