川崎汽船/8万2200立方メートル型LPG輸送船竣工

2014年06月27日 

川崎汽船は6月27日、川崎重工業坂出工場で8万2200立方メートル型LPG船「GALAXY RIVER(ギャラクシー・リバー)」が竣工したと発表した。

GALAXY RIVERはジャパンガスエナジーとの中期連続航海傭船契約に基づき川崎汽船が運航し、主に中東を積地とし、日本を始めとする極東地域向けの航路に主に従事にすることになる。

近年のシェール革命により、米国から大量のLPGが輸出され今後も拡大することが想定されているため、パナマ運河拡張を見据えた米国/日本航路への配船においても対応できる最新鋭の設備を備えている。

■本船要目
全長:230.00m
載貨重量トン数:54,081 MT
型幅:37.20m
総トン数:46,885 T
型深:21.00m
貨物タンク容積:8万2391立方メートル
満載喫水:11.20m
船籍:パナマ共和国
船級:日本海事協会

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集