環境省/企業のサプライチェーン排出量把握・管理を支援

環境省は、企業におけるサプライチェーン排出量関連支援について10月29日まで募集している。

支援内容は、サプライチェーン排出量の算定が未取組のカテゴリを対象に、カテゴリに該当する活動や、算定方法を整理し、サプライチェーン排出量の算定を実施したカテゴリを対象に、算定内容・結果(算定の考え方や算定方法)のレビューを行う。

サプライチェーン排出量の算定の実施有無に関わらず、経年評価を見据えた算定、算定済みの事業者には経年評価を見据えた算定となるように改善を支援する。

さらに、サプライチェーン排出量の第三者検証を受検するに当たってのポイントや、検証に耐えうる算定結果の根拠の十分性、妥当性、正確性、透明性などについて、検証を受ける前に事業者が確認する機会を設けることで、よりスムーズに検証受検のフェーズに進み、自らの算定システムをより確実なものにするための支援を行う。

募集事業者数は、最大40社。

■問い合わせ
みずほ情報総研
環境エネルギー第2部
担当:谷、前田、高浜
scm@mizuho-ir.co.jp
TEL:03-5281-5329

■「サプライチェーン排出量関連支援」参加事業者募集要綱
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=25211&hou_id=18765

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集