佐川急便/大手町、丸の内、有楽町地区の物流コーディネート業務受託

2014年10月24日 

佐川急便は10月24日、大丸有・神田地区等グリーン物流促進協議会と大丸有地区エリア集配実験実行部会から、大丸有地区全体の物流コーディネート業務を受託し、10月からエリア集配オペレーションシステムの構築を開始したと発表した。

佐川急便は大型複合施設が集積する大丸有地区で円滑な物流業務を運営するため課題抽出を目的に、着荷主と出入りする各物流事業者と連携し、「大丸有地区エリア集配」のトライアルと貨物車輌の駐車マネジメントを実施。2019年度末完了の予定で、エリア集配オペレーションシステムの構築を行う。

大丸有エリアから直線距離で6キロから10キロ圏内の4か所にTC・DC機能の物流センターを開設。そこから大丸有エリア内の物流拠点に向けて搬送する物流ソリューションを構築する。

大丸有エリアに4か所のエリア物流拠点を開設予定。予めTC・DCセンターでエリア仕分けされた貨物を4か所の物流拠点からシャトル配送(当日配送)を実施する。

エリア内に数棟~数街区単位で物流サポート拠点を設け、大丸有所定エリアに台車や小型電気自動車等の超小型モビリティにより集配する。

効率的な集配システム構築に先立ち、三菱地所プロパティマネジメントから大丸有地区の丸ビル・新丸ビルでの管内物流管理業務を受託し、8月1日から一部業務を先行開始している。

今後は大丸有地区での経験やこれまでの館内物流業務の経験を活かし、働く環境や良好な居住性を付加価値として提供することも視野に入れ、事業化に向けた取組みを推進する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集