三菱重工/次世代LNG運搬船の開発完了、高い輸送効率と燃費性能実現

2014年11月27日 

三菱重工業は11月27日、次世代LNG(液化天然ガス)運搬船「サヤリンゴSTaGE」の開発を完了したと発表した。

<次世代LNG運搬船「サヤリンゴSTaGE」>
次世代LNG運搬船「サヤリンゴSTaGE」

信頼性の高い球形貨物タンクを搭載するMOSS(モス)方式の進化版として高い評価を得ている「さやえんどう」の次世代タイプで、リンゴ形状タンクの採用により船幅を変えずにLNG搭載量約16%増を実現するとともに、ハイブリッド推進システムを採用することで「さやえんどう」からさらに燃費効率を20%超改善(従来船比40%超改善)した。

「さやえんどう」が連続したカバー(さや)の中に、球形タンク(まめ)を搭載しているのに対して、この船に搭載されるタンクは上半球部分が下半球部分より膨らんだリンゴ形状をしていることからサヤリンゴと名付けた。

このリンゴ形状タンクは、信頼性の高いMOSS型タンクを改良したもので、2016年初めにも運用開始が見込まれる新パナマ運河の通行が可能な最大船型を開発するにあたって採用し、LNG搭載量を効率的に増やすことに成功した。

STaGEはSteam Turbine and Gas Enginesの略称で、蒸気タービンとガス焚き可能なエンジンを組み合わせたハイブリッド2軸推進方式。「さやえんどう」に採用されている独自の高効率再熱舶用蒸気タービン機関「MHI Ultra Steam Turbine Plant」(UST)と、ガスと油の両方を燃料にできる2元燃料ディーゼルエンジン発電設備および電気推進機関を搭載。エンジンの排熱をUSTで有効利用することでプラント効率を大幅に改善し、低速域から高速域まで高効率運航が可能な推進システムとした。

今回基本設計を終えたタイプは、長さ297.5m、幅48.94m、深さ27.0m、喫水11.5mで、リンゴ形状タンクを4基搭載。LNGタンク総容積は18万立方mだが、輸送量ニーズに合わせてタンク総容積を柔軟に設定することができる。

現在注目されている北米産シェールガスを安全かつ効率よく運べる能力を強みに、LNG運搬船の戦略製品として積極的な受注活動を展開するとしている。

最新ニュース

物流用語集