新日鉄住金エンジニアリング/12.5万m2の(仮称)堺物流センター新築受注

2015年02月12日 

新日鉄住金エンジニアリングは2月12日、大阪府堺市に柳プロパティーズ(伊藤忠商事、Mapletree Groupの共同事業会社)より大型物流施設「(仮称)堺物流センター」建設工事を設計・施工で受注したと発表した。

<(仮称)堺物流センター>
(仮称)堺物流センター

建設場所は、阪神高速4号湾岸線、三宝ICから至近の距離で(旧:新日鐵住金社有地)、鉄骨造地上4階建て、床面積約12.5万㎡。

各階にトラックバースと両側にランプウェイを配したマルチテナント型で、新日鉄住金エンジニアリングが設計・施工で受注し、竣工は2016年7月を予定している。

独自の構造設計ノウハウを活かし、地震エネルギー吸収能力の高い製制振用ダンパーを約400本使用して、耐震構造並みの低コストでワンランク上の制振構造を実現する。

最新ニュース

物流用語集