LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SGアセットマックス/物流系オープンエンド型非上場投資法人運用開始

2015年03月27日/物流施設

SGリアルティ(SGR)とザイマックスの共同出資により設立したSGアセットマックス(SGAM)が、非上場オープンエンド型不動産投資法人(SGREIT)の運用を開始した。

SGREIT は総合物流企業グループがメインスポンサーとなる初めての私募REIT であり、暮らし、産業、社会を結ぶインフラ資産である物流不動産を主たる投資対象とすることで、投資家の期待と、社会への貢献を目指す。

SGREITは、「SGH グループの”事業インフラ”を中心とした安定性の高いポートフォリオ」、「SGH グループ等の情報ネットワーク・総合力を活用した成長力」、「安定した財務戦略の構築、投資家への流動性付与」、「SGH グループ等の情報ネットワーク・総合力を活用した成長力」、「安定した財務戦略の構築、投資家への流動性付与」を基本方針としている。

なお、SGホールディングスグループでは、各種輸送サービスを中心としたデリバリー事業や各種物流サービスを中心としたロジスティクス事業に加え、不動産事業を重要な事業セグメントとして位置付けている。この不動産事業を担う中核会社がSGAM のスポンサーの1社であるSGR。

SGRはデリバリー事業やロジスティクス事業等を行うにあたり必要な物流不動産を保有・管理・運営すると共に、既存物流不動産の有効活用や新たな物流不動産の開発を行ってきた。

SGR がこれまで培ってきた物流不動産へのノウハウを基に、SGH グループとザイマックスグループでの企業不動産マネジメント分野、と不動産投資マーケットで培った総合力を活かして組成した私募REITが、10物件の物流不動産を約300億円で取得し、運用開始に至ったもの。

■SGAM投資法人概要
所在地:東京都江東区新砂1-8-10
設立:2014年4月30日
登録:2014年6月2日(登録番号関東財務局長第91 号)
投資家:国内機関投資家

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース