豊田通商/マレーシアに部品表面処理工場を設立

2015年03月27日 

豊田通商は3月27日、航空機部品製造を手掛ける旭金属工業(旭金属)と航空機部品の表面処理加工を行う事業会社AAM社をマレーシア・クアラルンプールに設立したと発表した。

AAMは、日本初のNadcap認証サプライヤーで航空機部品表面処理加工分野において長年の実績と高い技術力のある旭金属と、豊田通商のネットワークを活かし、現地部品メーカーの表面処理工程を担うことで、アジアの航空機産業分野でバリューチェーンの構築を目指す。

AAMの表面処理工程を軸として、日本国内外の航空機部品製造メーカーと連携し、今後航空部品の工程一括受注を目指すと共に、欧米等他地域での事業化検討を進めていくとしている。

■概要
会社名:Asahi Aero Malaysia SDN BHD.
本社所在地:マレーシア セランゴール州(クアラルンプール近郊)
設立年:2015年3月
生産開始:2015年10月 (予定)
資本金:1836万MYR(6億円)
事業概要:航空機部品表面処理その他加工
従業員数:17名(設立時、随時増員予定)
株主構成:豊田通商49%、旭金属工業51%

最新ニュース

物流用語集