竹内製作所/22億円投じ、本社工場内に新工場建設

2015年03月27日 

竹内製作所は3月27日、建設機械事業の生産能力増強を図るために、本社・村上工場敷地内に新工場(村上第三工場)を建設すると発表した。

新工場の建設により、第一工場でミニショベル、第二工場で小型の油圧ショベル、新工場でクローラーローダーの組立を行うことにより生産効率の向上を図る。

環境面では、LED 照明機器の設置と太陽光発電設備を導入することで新工場の消費電力の6割程度を太陽光発電で賄う予定。また、事務棟の老朽化に対応するために新工場の2階を間接部門の事務エリアと食堂にする。

■取得資産の内容
資産の名称:村上第三工場(仮称)
所在地:長野県埴科郡坂城町大字上平205(現本社・村上工場敷地内)
建築面積:5988㎡
延床面積:8370㎡
総投資額:約22億円
建物施工:北野建設
工場着工予定:2015年4月
工場竣工予定:2016年2月
稼働開始:2016年3月

最新ニュース

物流用語集