信越化学/米国にエチレン工場を建設

2015年04月24日 

信越化学の米国子会社シンテックは4月23日、米国で塩化ビニル樹脂(塩ビ)の主原料の一つであるエチレンを生産する工場の建設を発表した。

建設する工場のエチレンの生産能力は、年産50万トン。工場の立地は、シンテック社が既に所有しているルイジアナ州の工業用地で、2018年前半の完成を目指す。

投資額は約14億ドルを見込み、シンテック社の自己資金で賄う。建設工事は主に東洋エンジニアリングが請負い、米国ルーマス社の技術を用いる。

工場建設は、エチレンの調達政策の一環で、塩ビの原料からの一貫生産の体制がより強固なものとなる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集