郵船ロジスティクス/マレーシアで物流業務のハラル認証を取得

郵船ロジスティクスは5月20日、運送業務に求められる「MS2400-1」の認証と倉庫業務に求められる「MS2400-2」を取得したと発表した。

<Penang Prai Logistics Center>
20150520yusenlog1 500x290 - 郵船ロジスティクス/マレーシアで物流業務のハラル認証を取得

<保管スペース>
20150520yusenlog2 500x373 - 郵船ロジスティクス/マレーシアで物流業務のハラル認証を取得

<ハラル専用の保税スペース>
20150520yusenlog3 500x463 - 郵船ロジスティクス/マレーシアで物流業務のハラル認証を取得

<ハラル専用車両>
20150520yusenlog4 500x319 - 郵船ロジスティクス/マレーシアで物流業務のハラル認証を取得

同時取得は日系企業初という。

MS2400-1の対象は車両25台で、ペナンやマラッカ、セランゴール、ジョホールなどマレーシア法人の主要拠点に配置した。

MS2400-2の対象となるのはペナンにあるPenang Prai Logistics Centerで約9000m2のスペースでハラル対応が可能となる。

今後はマレーシア国内でハラル食品や化粧品、医薬品などをターゲットに、トラックと倉庫を活用したロジスティクスサービスの提供を開始するとともに、マレーシアでのハラルに関するノウハウとグローバルネットワークをつなげることで、ハラル物流のワンストップサービスの構築を目指す。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集