帝人フロンティア/ベトナムで「サプライチェーン・CSRセミナー」開催

2015年06月11日 

帝人フロンティアは6月16日、ベトナムのホーチミン市のHotel New World Saigonにおいて、現地の縫製・刺繍工場や素材メーカーなどを対象とした「サプライチェーン・CSRセミナー」を開催する。

2回目の開催となる今回は、前回に引き続き、アパレル業界のCSR調達について豊富な知見を持つエナジェティック・グリーン 共同代表の和田征樹氏とベトナム労働省、そして新たにCSR分野のコンサルティングを手がけるNPO法人BSR(Business for Social Responsibility)の協力を得て、世界のCSRの潮流や労働問題をテーマに講義を行うことにしており、約20社の参加を見込んでいる。

今年度は、事業戦略上の主要アクションとしてCSR調達体制の確立を掲げ、そのための活動を強化することとしており、特に「サプライチェーン・CSRセミナー」については、ベトナムに加えて中国やインドネシアでも開催するなど、取り組みを拡大する計画。帝人フロンティアは、今後、複数企業でのセミナーの共催や異業種からの参加なども視野に入れており、CSR調達の輪を広げていきたいと考えている。

セミナーは、帝人フロンティアが2012年から全社横断で推進している「CSR調達戦略プロジェクト」の一環として開催するもので、現地の取引先での法令順守と人権保護の徹底を目的としている。2014年12月にベトナムで初めて開催した際には、15社34名の参加があり、ベトナムでの基本的な労働条件や労働法に関する講義を行ったほか、人身取引や児童労働に関する具体例などを紹介した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集