日本政策投資銀行/食品スーパーの新物流センターに融資

2015年06月16日 

日本政策投資銀行は(DBJ)は6月16日、新潟県のウオロクに対し「DBJ 環境格付」に基づく融資を実施したと発表した。

2016年春竣工予定の「新潟総合物流センター」の建設資金を対象としている。ウオロクは、同センター建設により、店舗への商品配送効率を向上し、鮮度の高い生鮮食品等の提供を一層強化していく。

配送のCO2排出量の削減も同時に進め、地域の環境保全への貢献が期待されるとしている。

ウオロクは50年以上にわたり新潟県で店舗を展開する食品スーパーマーケットチェーン。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集