圏央道/神崎IC~大栄JCT間開通、つくば市から成田市が50分に

国土交通省は、6月7日に開通した圏央道神崎IC~大栄JCT間について、開通区間の交通量速報と現れはじめたストック効果を発表した。

<圏央道の開通で移動時間短縮>
20150624kenoudo 500x370 - 圏央道/神崎IC~大栄JCT間開通、つくば市から成田市が50分に

それによると、常磐道から東関東道がつながったことにより、圏央道の利便性が向上した。神崎IC~大栄JCT間が約8400台/日、稲敷東IC~神崎ICが約9300台/日(対前年同週比で272%増)となった。

企業活動の効率化では、精密機械などの輸送に時間短縮効果が表れている。つくば市の企業から成田市の朝日森運輸まで約90分かかっていたが、開通後は約50分に短縮した。

精密機器の輸送で、高速道路の利用により、振動・揺れが少なくスムーズな輸送が可能にもなったという。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集