三菱電機/タイで物流倉庫、本格稼働

2015年06月30日 

三菱電機は6月30日、グローバルマーケット向け家庭用・業務用空調機器製造拠点である三菱電機コンシューマー・プロダクツ(タイ)社(MCP社)が、アジアを中心とした空調事業の拡大に向けて、タイ国内に新たな用地を取得し、物流と製造の新建屋の稼働を開始したと発表した。

<新建屋のイメージ>
20150630mitsubishie 500x300 - 三菱電機/タイで物流倉庫、本格稼働

7月から物流倉庫として本格稼働を開始し、2016年以降に生産工場として順次稼働を開始する予定。

物流の合理化と生産体制を強化し、生産能力を2014年度500万台から2018年度700万台に増強する。

■新建屋の概要
所在地:タイ王国チョンブリ県 アマタ・ナコーン工業団地 Phase(フェーズ)10
敷地面積:244,067m2
建築面積:5万2800m2
延床面積:10万5600m2
構造:鉄筋コンクリート造、地上2階建
用途:物流倉庫、空調機器製造
稼働時期:2015年7月
投資額:約100億円(土地建物のみ、製造設備は別途)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集