大宝運輸/4~9月の売上高1.7%減、営業利益2.3倍

2015年10月30日 

大宝運輸が10月30日に発表した2016年3月期第2四半期決算によると、売上高は45億4100万円(前年同期比1.7%減)、営業利益は1億5000万円(138.1%増)、経常利益は1億6300万円(111.3%増)、当期利益は3億9900万円(842.4%増)となった。

売上高は前年同四半期と比較して若干減少した。経常利益は、燃料費が大幅に下がったことにより増益となった。また、厚生年金基金解散損失引当金の見積りを変更したことにより、特別利益に厚生年金基金解散損失引当金戻入額2億8700万円を計上した。

通期は、売上高91億円(1.7%増)、営業利益は2億9000万円(97.9%増)、経常利益は3億円(82.7%増)、当期利益は4億8000万円(-)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集