三井倉庫HD/大阪・愛媛の物流会社を100億円で取得

2015年11月04日 

三井倉庫ホールディングスは11月4日、大阪に本社を置く丸協運輸(丸協大阪)と愛媛に本社を置く丸協運輸(丸協愛媛)と関係会社4社(総称して丸協グループ)の全株式を取得し、子会社化すると発表した。

丸協グループを統括管理するため新たに三井倉庫HDの連結子会社として三井倉庫トランスポートを設立し、7番目の事業会社として位置付け、発行済み株式の100%を取得する。

取得額は100億円。

丸協グループの現経営陣は、三井倉庫HDによる子会社化以降引続き同グループの経営に携わり、顧客にとって最適で価値ある高品質な物流サービスの提供を目指す。

丸協グループはトラックを1000台強保有し、全国で運送業を柱として倉庫業など物流事業全般を営んでいる。

今回の株式取得により運送機能を強化することができ、グループの各事業会社を運送機能を通じて有機的につなげることでサプライチェーン全般に対するワンストップサービスが提供可能になる。

また、昨今の物流のドライバー不足にも対応可能となるため、グループシナジーの創出と生産性向上に大きく貢献するものと考えている。

■異動する子会社の概要
名称:丸協運輸
所在地:大阪府寝屋川市太秦中町25-6
事業内容:自動車運送事業及び倉庫業、貨物利用運送事業、不動産の賃貸等
資本金:1600万円(2015年3月31日現在)
設立年月日:1971年1月30日
2015年3月期の業績:売上高158億3900万円、営業利益3億6700万円、経常利益5億500万円、当期利益3億4600万円

名称:丸協運輸
所在地:愛媛県東温市南方2295-1
事業内容:自動車運送事業及び倉庫業、貨物利用運送事業、不動産の賃貸等
資本金: 1500万円(2015年3月31日現在)
設立年月日:1975年9月25日
2015年3月期の業績:売上高86億8700万円、営業利益3億1400万円、経常利益3億6900万円、当期利益2億3400万円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集