LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

DHLサプライチェーン/コニカミノルタと中国全土での物流業務で契約

2015年12月07日/SCM・経営

  • 関連キーワード
  • DHL

DHLサプライチェーンは12月7日、コニカミノルタとの戦略的パートナーシップを拡大し、中国全土での物流業務の設計・管理と最適化を担うリードロジスティクスプロバイダー(LLP)契約を締結したと発表した。

コニカミノルタの情報機器事業の生産関連物流の中国国内のサプライチェーンについて全責任を負う。

既に今年11月より中国において新たなLLPサービスの提供を開始しており、両社間で合意したコスト削減目標の達成に向け、輸配送ネットワークの見直し、倉庫業務の最適化、プロセスの標準化に注力する。

今後、KPIに基づく品質管理と継続的改善活動を通じてさらなる業務効率化に着手する。

両社は、今年7月より世界的CSR推進団体であるEICC(Electronic Industry Citizenship Coalition)の下、国内で「CSR物流」の取り組みも実施してきた。

テクノロジー業界のサプライチェーン全体における品質、透明性と持続可能性の向上を目的としたもので、物流業務を対象範囲とした取り組みとしては、日本初の試み。

両社の戦略的パートナーシップは、2013年7月にDHLサプライチェーンがコニカミノルタの日本国内におけるLLP契約を獲得したことで開始した。

LLP契約の下、DHLサプライチェーンは国内物流機能の管理を包括的に担い、倉庫業務への品質改善プロセスの導入、業務プロセスの標準化、そして新たなKPIに基づく品質管理システムの構築を行い、実績管理と継続的改善を実施してきた。

配送業務に関しても、運送契約の標準化や共同配送の実施を通じて、コスト削減と効率化を推進し、日本国内における成果が評価され、中国への範囲拡大という今回の決定につながった。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース