Hamee/Amazonマーケットプレイスで「出荷通知報告」自動送信を実現

2016年01月07日 

Hameeは1月7日、バックヤード支援を中心としたECプラットフォーム「ネクストエンジン」が、 総合オンラインストアAmazon.co.jp (Amazon)の出品サービス「Amazonマーケットプレイス」の出荷通知報告の自動送信に対応したと発表した。

この対応により、今まで提供していたAmazonマーケットプレイスの注文情報自動取込に加え、出荷完了時の出荷通知も自動で送信することが可能になった。

出荷通知の送信にともなう手間を削減するほか出荷通知の送信の漏れを無くすことが期待できる。

ネクストエンジンの利用者は、 出荷通知の送信を意識せずとも、 システムが管理する注文の情報に基づいて出荷が完了した受注情報から自動で出荷通知を送信する。

また、従来の手法で出荷通知していた受注の情報を確認し、一括で出荷通知のできる、「一括注文完了」や、なんらかの理由で金額変更などが生じ、自動送信の対象外となる受注情報を一覧することができる「金額不整合確認」などの機能も同時に提供する。

この機能はネクストエンジンで受注管理を行う全てのユーザーの環境で、 今すぐ利用できる。

ネクストエンジンは、現役ネットショップ「Hameeストラップヤ」運営の現場から生まれたシステム。

受注、発注、仕入、在庫~分析等、ネットショップに必要な機能を集約。登録店舗数は1万4000店舗超(2015年8月1日現在 上場企業、 楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗等含む)で、必要なオプションを追加で購入する「ネクストエンジンアプリ」で機能の拡張が可能。ネクストエンジンと連携するアプリを作成・販売するためのプラットフォームも提供する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集