JAL/4~12月の国際線貨物の売上高4.1%減、国内線貨物の売上高4.3%減

2016年01月29日 

日本航空(JAL)が1月29日に発表した2016年3月期第3四半期決算によると、国内線貨物の売上高は179億円(前年同期比4.3%減)、国際線貨物の売上高は424億円(4.1%減)となった。

国際線貨物は、日本発着の総需要が前年を下回る中、レベニューマネージメントの強化により三国間の経由貨物を効率的に取り込むことで着実に需要を確保し収入の最大化に努めた。
商品面では引き続き特殊輸送器材を用いて温度管理輸送を行う「J TEMP゜」や医薬品輸送に特化した「J SOLUTIONS PHARMA」の取り組みなどを強化した。

国内線貨物は供給量は減少したが、積極的な販売活動により前年を上回る需要を確保した。

国際線郵便は、堅調な個人通販の需要を取り込んだことによりほぼ前年並みの需要を確保した。売上高は80億円(0.5%増)となった。国内線郵便の売上高は27億円(6.9%増)だった。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集