日本郵船/「NYKレポート2015」、環境コミュニケーション大賞で優良賞

2016年02月19日 

日本郵船は2月19日、「NYKレポート2015」が環境省と地球・人間環境フォーラムが主催する「第19回環境コミュニケーション大賞」の環境報告書部門で「優良賞」を受賞したと発表した。

環境コミュニケーション大賞での受賞は2012年の「持続可能性報告大賞(環境大臣賞)」、2013年の「優秀賞」、2014年の「優良賞」に続き、4年連続となる。

受賞は、持続的成長に向けた経営視点でのリスク分析や重要課題の特定が明確。企業価値向上プロセスとして財務と非財務が密接に関連付けて報告されている。

グループの事業と生物多様性の関係性マップを示すことによりグループにとっての環境課題がコンパクトに分かりやすくまとめられている等が評価されたもの。

環境コミュニケーション大賞は、優れた環境報告書や環境活動レポートを表彰することにより、事業者の環境経営および環境コミュニケーションへの取り組みを促進、環境情報開示の質的向上を図る表彰制度。第19回では、総数で302点(うち環境報告書部門195点)を審査した。

■NYKレポート2015
http://www.nyk.com/csr/report/book/index.html

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集