郵船ロジスティクス/インドネシア・スマラン発航空自社混載サービス開始

2016年02月24日 

郵船ロジスティクスは2月24日、インドネシア現地法人が、ジャワ島中部にあるスマラン空港(アフマド・ヤニ国際空港)発の混載サービスを開始したと発表した。

日系物流企業初となる自社混載サービスにより、安価で迅速な輸送サービスを提供するとともに、集荷、通関も含めた輸出オペレーションを自社で一貫手配する。

新サービスにより、スマランに拠点を置く顧客に同地域をベースとした高品質な輸出オペレーションを提供する。

これまでジャカルタへ陸送後に手配していた航空運送状の発行や通関をすべてスマランで行えるようになったことで、輸送日数と陸送コストを削減できる。

スマランからは、ジャカルタやデンパサール、シンガポールなどを経由し、世界各地へ輸送する。例えば、スマランの指定場所に午後2時までに搬入すれば、翌朝に成田空港へ到着する手配ができ、顧客の緊急出荷にも柔軟な対応が可能だ。

顧客のメリットは、スマランからジャカルタへの陸送を航空便に切り替えることによって、約1日リードタイムを削減できる。また、スマランからジャカルタへの陸送を航空便に切り替えることによって、トータルの輸送コストを削減した。

中部ジャワ州の州都スマランはジャカルタの東、約500㎞に位置し、賃金水準などから、近年自動車やアパレルなど労働集約型の産業が進出。

これまで、スマランから海外へ航空輸出する際は、ジャカルタに貨物を陸送し、ジャカルタ発の国際線へ貨物を搭載する必要があったが、道路状況が悪く、洪水などでサプライチェーンが寸断されることもあり、迅速かつ確実な輸送ルートの構築を望まれていた。

最新ニュース

物流用語集