ケー・エフ・シー/関東流通センターの土地を売却

2016年03月11日 

建設用アンカーのケー・エフ・シーは3月11日、埼玉県加須市の土地1万1705m2を3月下旬に譲渡すると発表した。

財務体質の改善と経営資源の有効活用を図る目的で、譲渡損として約5億200万円を特別損失として計上する。

同社の関東流通センター(埼玉県加須市大桑1-19)の土地で、今後も流通センターとして使用する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集