阪急阪神エクスプレス/トキ4羽を佐渡トキ保護センターから中国へ輸送

2016年03月16日 

阪急阪神エクスプレスは3月9日にトキ4羽を新潟県の佐渡トキ保護センターから中国へ輸送した。

<トキが入った輸送箱>
20160316hankyuh1 500x378 - 阪急阪神エクスプレス/トキ4羽を佐渡トキ保護センターから中国へ輸送

<航空機搭載の様子>
20160316hankyuh2 500x375 - 阪急阪神エクスプレス/トキ4羽を佐渡トキ保護センターから中国へ輸送

日本・中国両政府間の覚書に基づき、中国から供与されたトキから生まれた子の半数を中国へ返還することとなっており、2002年3月の第1回返還以来、7回目となる今回、雄2羽、雌2羽の上海・浦東空港への輸送を手配した。

<動物輸送チーム大貫賢二課長>
20160316hankyuh3 - 阪急阪神エクスプレス/トキ4羽を佐渡トキ保護センターから中国へ輸送

動物輸送チームの大貫賢二課長は「気を使ったのは佐渡からのフェリー輸送。欠航するとフライトの関係で翌週まで待機することになり、過去3年間の気象データと長期予報で気象情報をチェックし、輸送日程を決定。輸送当日は獣医師監督の下、輸送箱や運搬車両に加え、航空機搭載直前には搭載場所を消毒し、振動は勿論、騒音や光に注意しながら、温度10℃を保って輸送。トキは、国の特別天然記念物であり、文化財保護法や種の保存法にも該当する為、極めて煩雑な書類手続きが必要になり、関係各所と協力しながら、「日中共同トキ保護計画」を輸送面から支えていくきます」と話した。

■3月9日の輸送スケジュール
04:30佐渡トキ保護センターから動物専用車で出発
08:00新潟港到着(佐渡・両津港→新潟港はフェリー利用)
08:40新潟空港到着(保税蔵置場搬入)→輸出通関手続き
14:00中国東方航空(MU)296便にて新潟空港出発
15:40(日本時間16:40)上海・浦東空港到着

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集