セイコーエプソン/アモルファス合金粉末の新工場を青森県に増設

2016年04月20日 

セイコーエプソンは4月20日、グループ会社のエプソンアトミックスが、アモルファス合金粉末の市場需要拡大へ対応するために、約12億5000万円の投資を行い、エプソンアトミックス 北インター事業所に新工場を増設すると発表した。

<エプソンアトミックス 北インター事業所(破線で囲んだ箇所が新工場のイメージ)>
エプソンアトミックス 北インター事業所(破線で囲んだ箇所が新工場のイメージ)

新工場は、11月に着工し、2018年1月からの稼働を予定している。

新工場の稼働と今後さらなる投資を進め、アモルファス合金粉末の生産能力を現在の年間約2000トンから、2025年度までに年間約6000トンに引き上げる。

まアモルファス合金粉末の生産ラインは現行の本社工場との2拠点体制となり、今回北インター事業所に建設する新工場は製品の安定供給とともに事業継続計画(BCP)の点でも大きな役割を担うことになる。

なお、エプソンアトミックスは、自動車、スマートフォン、タブレット PC、ウエアラブル機器、医療機器などにおける、さまざまな高機能部品の原材料となる微細合金粉末を生産している。

■エプソンアトミックス 北インター事業所の概要 (新工場の増設後)
所在地:青森県八戸市北インター工業団地2丁目
生産品目:微細合金粉末(磁性粉末、MIM用粉末)
工場面積
敷地:3万600m2
建物:約6900m2(うち新工場は約1600m2)

最新ニュース

物流用語集