楽天/ドローン活用でゴルフ場に商品配送開始

2016年04月25日 

楽天は5月9日、ドローンを活用した一般消費者向けの配送サービス「そら楽(そららく)」を開始する。

<ドローン機体のCGイメージ>
ドローン機体のCGイメージ

第一弾として、ゴルフ場コース内でプレイヤーがスマートフォンの専用アプリ(Android版)を使って、ゴルフ用品や軽食、飲み物などを注文すると、ドローンがコース内の受取所まで商品を届ける。

アプリでは、注文可能な総量を注文画面で確認できるほか、商品発送準備開始時とドローンの飛行開始時には、プッシュ通知を受け取ることができる。サービスの利用時には楽天会員IDでのログインが必要となり、決済時にはクレジットカードまたは楽天スーパーポイントが選択可能。

運営者側では、アプリを通じて注文を受けると、専用デポに待機するスタッフが商品を配送用ボックスに梱包し、ドローンの機体に取り付ける。スタッフが専用タブレットの管理画面で発送開始の操作をすると、ドローンは自律飛行で受取所まで飛行し、着陸してから荷物を自動投下(リリース)した後、離陸ポイントに自動で戻ってくる。

今回使用するドローンは、3月に楽天が出資した自律制御システム研究所(ACSL)が開発した機体を、専用ドローン「天空(てんくう)」として、楽天とACSLが共同で改良・開発。

新たに荷物のリリース機能を搭載するとともに、着陸には楽天技術研究所の画像認識技術を活用している。

「天空」の機体には、ACSLによる独自開発の国産オートパイロット(AP)を搭載し、強風時でも高い飛行安定性能を発揮する。

ゴルフ場においても視認性が高く、ユーザーにより身近に感じてもらえるようなデザインを採用している。

千葉県御宿町のゴルフ場「キャメルゴルフリゾート」で約1か月間にわたってサービスを提供し、利用者の声や運用状況等を分析した上で、今後のサービス継続・拡大や他のゴルフ場でのサービス展開について検討する。

楽天は、ゴルフ場でのサービスを、実際にドローンが商品を届けてくれるという新たなショッピングスタイルを提供することで、一般消費者にとってドローンをより身近な存在に感じる機会となることを期待している。

将来的には、過疎地や山岳地帯での配送、災害時の救援物資の運搬、「楽天市場」をはじめとするeコマース事業においてもドローンを活用することを視野に入れており、今回の配送サービスの実用化により、技術とオペレーションノウハウを蓄積し、さらなる革新的なドローン配送サービスの展開を目指す。

■「そら楽」サービス概要
http://soraraku.rakuten.co.jp/
第一弾の実施場所:「キャメルゴルフリゾート」(千葉県)
決済方法:クレジットカードまたは楽天スーパーポイント
料金:利用料・送料は当面無料
条件:注文はお買物の合計金額100円(税込)以上から
商品数(サービス開始時):約100を予定
最大積載量:約2kg(風速に応じた積載可能総量を注文画面にて表示)
営業時間:午前8時半~午後15時を予定(安全面を考慮して、雨天時または一定の風速以上の天候時は営業中止)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集