東九州自動車道/建設資材不足で、門川IC付近う回路走行期間延長

西日本高速道路(NEXCO西日本)は6月6日、東九州自動車道門川南スマートIC(仮称)の建設工事に伴い、3月3日から門川IC付近(門川ICから南に約1km付近)に設置した迂回路を走行としていたが、熊本地震の影響により材料の確保が困難となったため、迂回路走行の期間を延長すると発表した。

<迂回路と現場写真>
20160606nexcowest 500x239 - 東九州自動車道/建設資材不足で、門川IC付近う回路走行期間延長

当初の迂回路走行の期間は3月3日~6月10日だったが、変更後は8月31日までとなる。

迂回路延長は約0.7kmで、前後の区間含む約3km間で速度規制(50km/h)をしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集