郵船ロジ/インドネシアで医療・医薬品の輸送品質基準、GDP認証を取得

2016年08月03日 

郵船ロジスティクスは8月3日、インドネシア法人のPT. Yusen Logistics Indonesiaが 、ジャカルタ・スカルノハッタ空港発着の航空貨物輸送に係る通関、配送業務において、インドネシアの物流企業では初となる、医療・医薬品の輸送品質基準であるGDP の認証を取得したと発表した。

輸送品質はGDPのガイドラインに沿って運用される。ガイドラインを準拠し、定期的なスタッフのトレーニング及び点検等を実施することで、医療・医薬品での輸送の安全性が維持される。

例えば同社で提供する医療・医薬品の配送サービスは、配送中のリスク評価を行ったうえで納入ルートを決定する。

温度マッピングを行った輸送車輌を使用し、輸送中においても温度逸脱を防止するためモニタリングを実施する。保冷車輌を含めた自社輸送車輌ではGPS 追跡機能によって配送状況の管理も行う。

通関サービスは自社のスタッフが行い、通関の迅速化と品目内容のシステム管理化で正確性の向上を図る。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集