阪神電鉄/駅の内外に「オープン型宅配ロッカー」設置

2016年08月26日 

阪神電気鉄道、阪神ステーションネット、エキ・リテール・サービス阪急阪神は9月1日から、「オープン型宅配ロッカー」を通じた荷物の受取りサービスを、 阪神電車の一部の駅構内とその近隣の場所で開始する。

<オープン型宅配ロッカー>
20160826hanshin - 阪神電鉄/駅の内外に「オープン型宅配ロッカー」設置

阪神電鉄の駅構内とその近隣の場所に設置することで、日々、阪神電車利用者や沿線住民の利便性の一層の向上を目的とするもので、 9月1日から西宮駅の近隣の駐輪場内に設置し、同月中には 芦屋駅、大石駅、西灘駅の駅構内にも設置する予定。

今後は、利用状況等を踏まえ、設置駅の拡大も検討する。

オープン型宅配ロッカーは、 ヤマト運輸とフランスのネオポスト社が合弁で設立したパックシティジャパンが提供し、 ヤマト運輸の個人会員(クロネコメンバーズ)を対象として、自宅で荷物を受取ることができなかった際に、再配達先として宅配ロッカーを利用できるサービスを開始する。

パックシティジャパンでは、他の宅配事業者の荷物の受取りや、通販サイトで商品を購入した際の初回配達時の受取りも可能とする。

3社では、引き続き、駅の快適性と利便性の向上を図ることで、沿線住民にとって、住みやすい街づくりに取り組んでいくとしている。

サービスの対象は、ヤマト運輸の個人会員(クロネコメンバーズ)で、今後は、 他の宅配事業者の荷物も受取り可能になる予定。

■荷物受取りサービスの概要
サービス開始日
2016年9月1日(木)西宮駅
2016年9月中(予定)芦屋駅、大石駅、西灘駅

設置駅、 設置するロッカーのサイズ等
設置駅:設置場所:設置ロッカー
西宮駅:阪神西宮西駐輪場内(西宮駅西側):屋内型 3列仕様1台
芦屋駅:東改札外南側:屋内型3列仕様1台
大石駅:改札外北側:屋外型3列仕様1台
西灘駅:改札外北側:屋外型3列仕様1台
利用時間:終日利用可能(年中無休)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集