日本ハムファクトリー/45億円を投じ、兵庫工場で新工場棟竣工

2016年10月03日 

日本ハムファクトリーは10月3日、ハム・ソーセージ事業の主力工場である兵庫工場に新工場棟を竣工したと発表した。

<兵庫工場のイメージ>
兵庫工場のイメージ

新工場棟には約45億円を投じ、最新設備である高生産性連続ラインを導入することで、高品質で安全・安心な商品を効率的に製造することが可能になるとともに、工場再編による生産体制の再構築による一層のコスト競争力と収益力の強化を目指す。

顧客視点に立った商品づくりに注力することで、常に新しい価値を生む商品をご提案し、新カテゴリーを築き、食の領域を広げていくとしている。

兵庫工場は、現在の兵庫工場(加古川市・12月製造終了)の移転計画に伴い、近畿圏・東海圏におけるシェア拡大に向けて、小野市匠台に新工場棟(2期棟)を建設し、隣接する小野工場(1期棟)との統合により国内屈指のハム・ソーセージの高生産性連続ラインを備えた基幹工場として新たなスタートを切った。

■兵庫工場概要
名称:日本ハムファクトリー兵庫工場(所在地:兵庫県小野市匠台18番地)
生産能力:2万3500トン/年間(1期棟1万6300トン 2期棟7200トン)
建延面積:1万4000m2
主な製造商品:主力コンシューマ商品

最新ニュース

物流用語集