LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

豊田自動織機、産総研/アドバンスト・ロジスティクス連携研究室を設立

2016年10月04日/調査・統計

豊田自動織機と産業技術総合研究所は10月1日、産総研 情報・人間工学領域内に豊田自動織機-産総研 アドバンスト・ロジスティクス連携研究室を設立すると発表した。

<研究テーマ>
20161004toyodagidous 500x358 - 豊田自動織機、産総研/アドバンスト・ロジスティクス連携研究室を設立

加速的・集中的研究開発実現のために今年4月に制定された産総研連携研究室制度を活用したもので、産業車両・総合物流システムメーカーとして企業名を冠する初の研究室となる。

産業車両・総合物流システムのトップメーカーである豊田自動織機と、ロボット技術や情報技術を長く培ってきた産総研が連携し、先進的な産業車両・物流システム実現を目指す。

豊田自動織機の保有する高品質・高性能で環境にやさしい多様な製品の開発力、IoT 技術や多くの顧客への導入実績に基づく豊富なデータやノウハウに、産総研の高度なロボット技術、AI、データ・アナリティクスなどを適用する。

車両・機器の自律作業を可能とする知能化・自動化や高度なシステムインテグレーションの技術開発を加速し、先進的なロジスティクス・ソリューションの早期実現につなげ、物流現場の課題解決を図る。

研究内容は、次世代物流ソリューション事業、車両や機器の自律作業実現、サービス提案のための研究を行う。

■連携研究室の概要
名称:豊田自動織機-産総研 アドバンスト・ロジスティクス連携研究室
場所:産業技術総合研究所 つくばセンター
研究体制:連携研究室長 西牟田 武史(豊田自動織機)
人員:計10名程度

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース